SUPサーフィン

ホーム » SUP » SUPサーフィン

現在、SUPはサーフィンをする人よりツーリングや水上散歩のような使い方をする人の方が圧倒的に多数だと思いますが、静止していても立っていられるだけの浮力のあるサーフボードでパドルを使って波に乗ったのがSUPの始まりです。

サーフィンをする上でパドルがあることの恩恵は、第一に沖に出るのが楽でテイクオフが速いことですが、それだけではただ楽をしたいためだけの道具になってしまいます。

波に乗った後もパドルがあることで大きなボードが思いの外自在に動かせること、ダイナミックなライディングができることこそSUPサーフィンの大きな魅力です。

ちょっと変わった魅力も

非常に個人的な理由ですが、SUPサーフィンにはちょっと変わった利点があります。
私は元々普通のサーフボードでサーフィンをしていて、その後にSUPを初め、以前は両方並行してやっていたのですが、2015年に左脚を患い、サーフィンで肝腎要なテイクオフ後にボードの上に立ち上がる動作がほぼ不可能な状態になってしまいました。しかし、テイクオフする前から立っているSUPなら、以前と同じようにボードの上に立って波に乗ることができます。
もし病気になる前にSUPを初めていなかったら、この足ではSUPをするのも無理だろうと思い、SUPも初めていなかったかもしれません。
普通のサーフボードに乗れなくなってしまった今となっては、SUPをやっていたおかげで立って波に乗ること諦めずにすみ、本当に良かったと思っています。

以前は講習などでは「足裏や指の感覚が大切」と言っていたのですが、感覚が麻痺し46時中痺れっぱなしの足になって以来、「SUPならこんな足でもサーフィンができます。」と、言うことがほぼ180º変化しています。

好みのSUPサーフィンのスタイルと現在主に愛用しているボード

様々なライディングスタイルがあり、それに合ったボードがありますが、ボードの選び方などの話の前に、自分の好みのサーフィンのスタイルや、愛用のボードなどについての話をしておきます。

自分の趣味を他人に押し付ける気など毛頭ないのですが、ボードを選ぶ前に、好みのサーフィンのスタイルややりたいことを明確化しておくことが先決です。「こういう趣向の人はこういうボード選ぶ。」の一例として見てください。

私の好きなSUPサーフィンのライディングスタイルはロングボード系です。

元々普通のサーフィンでもロングボードが好きで、何よりグライド感、そしてダイナミックなターンやノーズライライディングなど、爽快なライディングが好きだからです。言い方を変えれば、他人から凄いと思われるより、気持ち良さそうと思われるようなライディングです。

また、パドルがあることで、むしろ普通のロングボードよりアグレッシブな動きができることも、SUPでのサーフィンが面白いと思う点です。

あくまで個人的な趣向ですが、サーフィンに特化し過ぎて水上散歩には全く使えないようなボード、「立っているのがやっと、踝辺りまで沈んでしまうようなタイプのボード」は好み(あくまで私の趣味の問題で、否定ではありません)ではありません。

現在主に使用しているボードは

  • Laird Standup Carbon Surfer 9´0˝
  • Laird Standup PIN 10´2˝
  • Red Paddle8´10˝ Whip
  • Red Paddle Ride 9´8˝

などです。

Laird Standup

Laird StandupのSurferはロングボードタイプですが動きも非常に良いボードです。もっとハイパフォーマンスなボードに乗ったところで、このボードでできる以上の派手なアクションなど私にはできないと思います。そして、ショートツーリングにも十分使える本当にマルチパースでSUPらいしボードです。同じ形でPVCバージョンもあり、PVCでも十分軽い部類になりますが、Carbonはさらに軽くて、持つのが楽なだけでなく、見た目以上に動きが良い要因にもなっています。

PINは、Surferと比較するとより大きな波に向いた(と言っても、一般的なレベルの人の乗れるな波ならSurferでも十分対応しますが)タイプですが、小さな波から多いな波までこなせる、スピードが出て爽快なボードです。

Red Paddle

どんなインフレータブルボードも全くハードボードと同じではありません。独特のクセのようなものは多かれ少なかれあり、サーフィンをするには少しコツも必要です。しかし、Red PaddleのWhipは、「インフレータブルではまともなサーフィンなどできない。」と言うのなら、これに乗ってからにしてくれと思うようなボードです。

21年モデルはノーズの形状が以前よりシャープになり、ボリュームも若干減っています。

下のライディングの画像はどれも飛行機で沖縄へサーフトリップに行った時のもの(ボードは8´10˝ Whip とRide 9´8˝ 2番目の画像のみ別のライダー)で、サイズはそれ程ありませんが、リーフのそれなりにハードな波です。しかし、普通にサーフィンを堪能できています。

インフレータブルなら移動も楽で、電車や飛行機はもちろん、バイクでも無理なく運ぶことができるのは大きな魅力です。個人的には足が悪いので長距離歩くことができませんが、車では行けない秘境へ行ってみたくなります。

Ride 9´8˝ は、波があるかないかわからない状況や場所への旅に持って行くのに最高なボードです。

余程体重の重い人でなければ、普通のデイツーリングには十分なボードです。私は体重が重い時は85kg位に達することもありますが、全く問題ありません。そして、余程の波でなければ、サーフィンも普通に十分堪能できます。

また、インフレータブルボードは自分自身や他人にぶつかった時の安全性がハードボードより高い(特に初心者用のハードボードは重量が重いものが多いので、実は尚更危険)ので、Ride 9´8˝ はSUPサーフィン初心者の1本目のボードとしても最適です。

ボード選び

SUPのサーフィン用のボードは、大きく分ければロングボード系とショートボード系があります。

「ロングボードは初心者」とか「上級者はボードのサイズを小さくするもの」と思っているような人もいるようです。話をしているとボードの小ささ自慢をするような人もいます。しかし、そうではありません。ボードはどんな乗り方をしたいのか、好みのスタイルで選ぶものです。

確かに乗りやすいけど全然曲がらなかったり、テイクオフはしやすいけど走るスピードが上がらないようなボードも存在します。しかしそれがロングボードということではありません。初心者用のボードと高性能なSUPのロングボードは別のものです。

派手なアクションを好む人もいれば、優雅なスタイルや爽快感のあるライディング、豪快なライディングを好む人もいます。どれを目指しているのかで、選ぶボードも変わります。人の意見や流行に流されずに、まずはとにかく自分がSUPでどんなサーフィンをしたいのか明確化することです。

そして、現在SUPのボードは用途に応じて特化が進んでいますが、「1本で波にも乗れてツーリングもできるマルチパーパスな道具」がSUPの原点です。特化して性能を高めるのも良いことですが、原点を忘れてあまりに逸脱するとると本末転倒のようなことになってしまうこともあるのではと思います。混乱してきたら、今一度何故自分が普通のサーフボードでなくSUPでサーフィンすることを選んだのかといったようなことも考えてみたら良いと思います。

技量やレベルに合ったものを選ぶ

「そんなのを選んでもすぐにつまらなくなる」のようなアドバイスをする人もいますが、私はそうは思いません。立っているのも覚束ないようなボードでまともにテイクオフもできないでいるより、当然ながら波に沢山乗った方が上達への近道です。

ショートボード系のライディングスタイルを目指すとしても、まずはちゃんと乗れるボードに乗らなければ肝心な波に乗る練習ができません。

技量や、やりたいことに合わせてボードを変えるのは必然です。一般的な人はそんなに高頻度で練習できるわけでもありません。無理や背伸びはせずに、その時の自分のレベルに合ったボードに乗った方が上達することは間違いないと思います。

人に相談する

人に相談するのは良いことですが、自分の好みや持論を押し付けてくるような人は要注意です。

また、SNS上のやりとりなどでも、かなり怪しい意見や、勝手な思い込みで書かれている書き込み、完全に間違った見解が書かれているのを目にすることも少なくありません。わからないから調べたり訊いているのに、どれが正しいのかわからなくては意味がありません。SNSもかなり注意が必要だと思います。

「商売人は信じられない。」のような思いが根底にあるのか、何故そうなるのか明確な理由はわかりませんが、「店の人より素人の意見の方が信頼できる。」と思っている人もたまにいるようです。しかし、それは大きな勘違いです。

どの販売店もそうだとは思えませんが、大抵の販売店は誰かに押し付けられているわけではなく、自分の知識と経験から商品を選んでいます。情報量や情報の質も違えば、研究や勉強に費やす時間も違います。

信頼できる人=確かな知識と経験のある販売店に相談してください。

当店は人とやりたいことに合ったボード選びのアドバイスをいたします。ボード選びのご相談はこちらのページからお気軽にお問い合わせください。

Cetusで取り扱っているブランド

自分の最も好きなLaird StandupとRed Paddle以外にも、Kazuma・JP・SIC・deep・404などもお薦めです。その他にはStarboard, Sawarna, Billfooteなど各種ブランド扱っています。